しみ・ほくろ・あざが気になる

昔から、ホクロやあざがあることで悩んでいました。数が多いだけでなく、大きさも目立つため、何とか出来ないかと考えていました。知人に同じ悩みを抱えている人がいて、その人から話を聞くと、美容外科で美容整形をすることで、あざやホクロをなくすことが出来ると知りました。美容整形と聞いて、少し不安はありますが、長年悩んでいたホクロやあざを美容整形でなくすことが出来るのであれば、試してみたいという気持ちです。美容外科には「レーザー治療」というのがあるそうですが、どんな治療か教えてください。痛みや腫れがあるのかも気になります。

メスを使わないため、傷跡が残らず痛みもほとんどありません!
長年悩んでいたほくろやあざは、美容外科のレーザー治療で綺麗に除去出来ます。レーザー治療とは、レーザーをほくろやあざの気になる部分に照射する方法です。手術時間は約5分~30分です。手術は、麻酔をして受けることが出来るので、痛みを感じることはほぼありません。術後に関しては、「内出血」や「赤み」が数日間出る場合がありますが、レーザー治療は、メスを使わずに出来る治療なので、痛みを最小限に留めることができ、手術による傷跡がほとんど目立たないという特徴があります。当日からシャワーや洗顔が可能なので、日常生活は問題ありません。

レーザー治療の特徴

美容外科のレーザー治療は、メスを使わずに出来る治療ということで、多くの患者から支持されています。手術時間は短く、日常生活に支障をきたさないため、手軽に受けることが出来ます。レーザー治療は、ほくろやあざだけでなく、「しみ」や「そばかす」、「ニキビ」にも効果的です。美容外科や美容整形外科で受けられるレーザー治療には、いくつか種類があります。その中でも幅広い治療に取り入れられているのが、「炭酸ガスレーザー」です。この治療は、あざやほくろ、しみなどが気になる部分にレーザーを照射し、蒸散して除去する方法です。メスを使うより、確実に除去でき、傷跡も最小限なのが特徴です。肌を傷つけたくない人には、レーザー治療がオススメです。

レーザー治療のメリット・デメリット

美容外科で出来るレーザー治療の魅力は、「短時間であざやほくろなどの除去が出来る」、「1度の治療で十分な効果が得られる」ということです。美容整形を受ける時、治療内容によっては、何度も通わなければならないものがあります。しかし、レーザー治療は、ほぼ1回の治療で終了なので、美容整形の中でも楽な治療のひとつです。手術中にチクッとした痛みを感じることがありますが、麻酔をして受けられるため、それほど激しい痛みはありません。術後、数日間は「赤み」や「内出血」といった症状が出る可能性があり、「軟膏」や「保護テープ」で手術した箇所を保護する必要があります。しかし、切開して美容整形をするよりも、「内出血」や「赤み」の治りが早いです。

しみ・ほくろ・あざ施術にお勧めの医院

トアロード形成美容クリニック
トアロード形成美容クリニック公式HP
患者の気持ちを第一に考える、神戸に点在している美容外科。
しみの除去は光エネルギーを使用した「フォトRF」、ほくろ除去は「レーザー治療」と、効果の高い治療を受けることが出来ます。
品川美容外科
品川美容外科公式HP
カウンセリングの徹底、低価格が魅力的な美容外科。
効果絶大なレーザー治療が豊富で、シミやほくろの悩みをしっかり解決します。悩み解決で、心のモヤモヤまですっきり解消。

美容外科でレーザー治療を受けた後の「アフターケア」について

美容外科で手軽に受けられる「レーザー治療」。治療時間が短く、治療を受けたその日から効果を実感出来るのが魅力です。そんなレーザー治療は、術後のアフターケアが大事です。レーザーを照射した後の肌は、やけどをした時と同じような状態です。そのため、人によっては「かさぶた」が出来ることがあります。かさぶたが出来たら、無理やり剥がすのではなく、自然に剥がれるまで待つのが基本です。そうすることで、綺麗な肌へと生まれ変わります。また、レーザー治療を受けた後は、「紫外線対策」も欠かせません。「ほくろ」や「あざ」、「しみ」の治療後に紫外線に当たることで、再びこれらの症状に悩まされることがあります。外出時には、「日焼け止めを塗る」、「日傘をさす」ことを徹底しましょう。紫外線の少ない季節に美容外科のレーザー治療を受ける、というのもひとつの手です。美容外科でレーザー治療を受ける際には、医師に術後の注意点について確認しましょう。