日帰り施術で二重まぶたにしたい

私は、腫れぼったい目が悩みです。外出時には、二重専用のテープを使って、二重ラインを作っているのですが、出かける度に毎回やるのは面倒な部分もあり、化粧をしなくても二重まぶたになれる方法を探していました。ネットで調べたところ、美容外科で二重の治療が出来ることを知りました。いくつかの治療方法がありましたが、私はその中でも「埋没法」という治療に興味があります。この治療は目元を切らずに治療出来るということですが、日帰り可能なのでしょうか?それと、治療内容や手術時間はどれぐらいなのか知りたいです。

切らない二重まぶた治療「埋没法」は、治療時間が短く、その日に帰宅出来ます!
埋没法は、メスを使わずに二重まぶたが実現出来る目元に優しい治療です。手術方法は、患者の希望する二重ラインの部分に専用の糸を埋め込み、二重まぶたを作るというものです。手術時間は約15分と短く、手術をしたその日に、すぐ帰宅出来ます。そのため、忙しい人でも治療が可能です。埋没法の手術は、麻酔が利用出来るので、それほど痛みを感じません。術後、目が腫れる可能性がありますが、数日経つと徐々に良くなっていきます。術後当日から、メイクや入浴が可能ですが、人によっては痛みを感じる場合があるので、様子を見ながら行ってください。

日帰りで二重になれる施術「埋没法」

埋没法は、美容外科や美容整形外科で出来る二重まぶたの治療方法のひとつで、「切らない治療」ということで多くの患者から支持されています。治療方法はそれほど難しくなく、医療用の細い糸を使って二重まぶたを作ります。切開無しの治療なので、術後のトラブルが少ないといった特徴があります。人によって、術後に「腫れ」や「違和感」が出ることがありますが、これらの症状はそれほど長くは続きません。数日経つと、徐々に良くなります。埋没法の効果は、約3年~10年といわれています。確実に綺麗な二重まぶたを手に入れるには、医師の腕が大事です。技術や実績のある医師が在籍する美容外科や美容整形外科を利用して、治療を受けましょう。

埋没法のメリット・デメリット

埋没法のメリットは、何といっても「目元に負担をかけずに治療が受けられる」という点です。この治療は、目元にメスを入れることがないため、危険性も高くはありません。目を傷つける恐れが少ないため、目元に優しい治療を受けたい人は、美容外科や美容整形外科にて埋没法を受けるのがオススメです。また、この治療は短時間で受けられるというのが魅力のひとつです。二重の幅を簡単に変えることが出来るため、手術をした後に好みの二重ラインになっていなかったとしても、修正可能です。ただ、埋没法は、糸で固定して二重ラインを作っているため、一重や奥二重に戻りやすいです。ですので、医師の指示に従い、定期的に美容整形を受ける必要があります。

二重まぶた施術にお勧めの医院

城本クリニック
城本クリニック公式HP
切らない治療法。傷跡の心配もない二重まぶたに。
25年の実績を誇る、大手の美容整形外科です。メスを使わず、短時間で自然な二重まぶたに変身出来ます。
品川美容外科
品川美容外科公式HP
リーズナブルな価格で憧れの二重まぶたが手に入る。
確かな仕上がりを低価格で。リーズナブル価格にも関わらず経験豊富な医師が対応してくれるため、予算が心配な人も安心です。

美容外科で出来る「美容整形」と「プチ整形」の違いとは?

美容外科や美容整形外科には、「美容整形」と「プチ整形」というものがあります。この2つの違いは、メスを「使う治療」と「使わない治療」ということです。美容整形は、メスを使う治療のことです。整形を考える人の多くは、『メスを使う治療は怖い』と感じているでしょう。そういった人は、メスを使わずに整形出来るプチ整形がオススメです。値段は美容整形に比べ安く、治療時間も短いです。『プチ整形だと、十分な効果が得られないのでは?』と疑問に感じる人もいますが、そんなことはありません。プチ整形でも、理想の容姿に近付けます。「目」や「鼻」、「シワ」、「たるみ」など、人によって外見のコンプレックスは異なります。確実にコンプレックスを解消したい人は、失敗の少ないプチ整形から試してみると良いでしょう。美容整形よりも、効果の持続期間は短いですが、安全性が高いです。プチ整形を試してみて、さらに美を追求するなら美容整形をするというのが良い方法です。