あごのラインをスッキリさせたい

わたしは昔から、あごが人より前に出ているのがコンプレックスでした。「ペリカン」、「しゃくれ」などと変なアダ名を付けられることも数多く…。目も二重で、唇もぷっくらしているのに、あごだけが残念な感じなんです。あごは顔の印象に大きく関係する、と聞きますが、これはどうやら本当のようです。わたしが恋愛を楽しむことが出来ないのも、このあごのせいではないか、と毎日考えこんでしまっています。美容外科にあごをシャープに整えることが出来る美容整形はありますか?あるのであれば、それはどのような治療内容ですか?

あなたのコンプレックス、美容外科で解消することが出来ます。
美容外科では、「あご」の悩み、コンプレックスを解消する美容整形を扱っています。その種類は数多く、「レディエッセ注入」、「あごプロテーゼ」など、さまざまな治療法があります。その中から、自分に合った治療法を医師と相談しながら選び、実際に受けることで、あなたが抱えるあごのコンプレックスをしっかりと解消することが出来ます。では、実際に美容外科で受けられる、あごをシャープに整える美容整形の種類、治療内容について見て行きましょう。これを参考にすることで、あなたも重いコンプレックスから開放されます。

主なフェイスラインを整える施術と特徴

■レディエッセ注入
「あごがない」、「あごが短い」という悩みを抱えている人は美容外科の「レディエッセ注入」が最適です。一般的には「ヒアルロン酸の注入」が知られていますが、この治療法では、”カルシウムハイドロキシアパタイト”を主成分にしたジェルを注入します。ヒアルロン酸に比べ、定着率が高くなっており、体内に吸収されるまでの時間も長いため、十分な効果を得ることが出来ます。メスを使用しないため、あごを傷つけることなく治療を受けることが出来ます。多くの美容外科で扱っている美容整形であるため、家の近くにある美容外科で受けることが出来ます。
■ヒアルロン酸注入
上記の「レディエッセ注入」よりも、さらに気軽に受けることが出来る美容整形が、「ヒアルロン酸注入」です。ヒアルロン酸はもともと、人間の体の中に存在している成分であるため、安全性が非常に高いです。治療時間も数十分と短くなっているため、時間が空いたときに、気軽に治療を受けることが出来ます。治療後は腫れを伴うこともありますが、メイクで隠すことが出来る程度であるため、容姿に影響を及ぼす心配はありません。メイクを施すかのように受けることが出来る美容整形であるため、誰でも気軽に理想のフェイスラインを手に入れられます。
■あごプロテーゼ
『あごを前に出したい』、『永久的な効果を得たい』という人は、美容外科で「あごプロテーゼ」を受けることが最適です。”プロテーゼ”とは、人工軟骨のことです。これは患者一人ひとりに合わせて作られるため、違和感のない仕上がりを得ることが出来ます。治療後は多少、腫れを伴うこともありますが、約1週間で腫れが引いてくるため、生活に大きな支障をきたすこともありません。あごにプロテーゼを挿入して固定するので、半永久的な効果を得ることが出来ます。この美容整形を受ければ、理想のフェイスラインを保つことが出来ます。
■あご削り
あごが持つ印象は想像以上であり、顔の印象を強くしすぎてしまうこともあります。この場合は「あご削り」を受けることが適しています。メスを使用した比較的大掛かりな美容整形です。そのため、治療の際の傷を気にする人も多くいますが、メスを入れる箇所は傷の目立たないところであるため、治療後も気にすること無く過ごすことが出来ます。治療後すぐは、違和感がありますが、馴染んでいくと自然で綺麗なフェイスラインを手に入れることが出来ます。治療時間は約120分と、長丁場になるため、自分のスケジュールに合わせて受けるようにしましょう。

フェイスライン施術にお勧めの医院

プリモ麻布十番クリニック
プリモ麻布十番クリニック公式HP
患者の気持ちを第一に考える、優良美容外科
この美容外科では、「プロテーゼ」、「レディエッセ」や「ヒアルロン酸」の注入法で、あごの悩みを解消することが出来ます。
城本クリニック
城本クリニック公式HP
親身なカウンセリング、充実したアフターケアが魅力の美容外科
この美容外科では、「ヒアルロン酸注入」をはじめ、「プロテーゼ」、「あご削り」なども受けられ、悩みの解消に適切です。